寄付金のお願い

ご支援のお願い


当顕微鏡施設は、理化学研究所 植物科学研究センターの顕微鏡施設として2007年からスタートし、2013年に環境資源科学研究センターの顕微鏡施設として活動しています。これまで十数年に渡り電子顕微鏡解析を中心としたイメージング技術解析技術を活かし、センター内外の研究者との共同研究、研究サポート、研究支援、技術開発、アウトリーチ活動、人材育成を行ってきました。特に、生物電子顕微鏡観察には、試料調製技術や"像を読む"技術が必要ですが、その習得には時間がかかりために電顕技師や研究者などの人材が激減しています。今後も当施設にある先端の電子顕微鏡や試料調製機器を活用し、また、当施設で培った技術を研究サポートや研究支援、人材育成等に力を入れ活動して行きたいと考えています。基礎研究および技術開発に関しては理研からの研究予算や文科省科研費など競争資金獲得により活動することができますが、そのほかの研究サポートや人材育成、機器の維持などにかかる費用の工面に非常に苦労してます。何卒「使途特定寄附金」として、当研究室の活動にご支援頂けると幸いです。