開発技術

電顕アトラス

Stacks Image 8
電顕アトラスの構築
近年、蛍光イメージングの台頭に伴い、組織・細胞・細胞小器官・分子の動態や局在を容易に推定できるようになりました。しかし、それらの実像を知るためには、出来る限り生きた状態に近い超微細形態を広域に渡り透過電顕(TEM)観察する必要があります。我々は、動的な単膜系細胞小器官を網羅するために、試料を瞬時に凍結する高圧凍結技法を改良・高度化するとともに、組織や細胞など広域に渡り高解像度でTEM像を撮影し、電算機上に再構築する基盤技術の開発を行いました。電顕アトラス法を用いて、ゴルジ体や分泌小胞塊、ER bodyなど細胞内輸送系オルガネラの分布やその分化を明らかにするために、タバコ培養細胞、シロイヌナズナやタバコ組織などの広域的な微細構造解析を進めています。また、科研費 新学術領域「植物多能性幹細胞」に参画し、シロイヌナズナやイネの茎頂や根端の広域電顕アトラスの作成を進めています。

シロイヌナズナ電顕アトラス:

タバコ電顕アトラス: